[2013年6月10日]

印刷用ページを表示する

ブックマークするこの記事をTwitterでつぶやく

ようやく登場,機能性ディスペプシア適応のアコチアミド

上腹部膨満感,食後膨満感などを改善

 機能性ディスペプシア(FD)の適応で保険収載された薬剤としては世界初となるアコチアミド(商品名アコファイド錠100mg)が,今年(2013年)6月6日にわが国で発売された。日本人の4人に1人がFDであるとの調査結果もあり,FD自体は決して珍しくはない。FDは症状が多様で,そのうち同薬は有効な治療薬がなかった食後膨満感,上腹部膨満感,早期満腹感を改善する。島根大学内科学講座第二教授の木下芳一氏は,6月7日に東京都で開かれたメディアセミナー(主催:ゼリア新薬工業,アステラス製薬)で,同薬登場によりさまざまな原因で起こるFDの治療が可能になってきたと述べた。

…この続きを読むには,MT Proにログインまたはご登録ください

MT Proは医師・医療関係者さま向けの会員制ポータルサイトです。一度ご登録いただければ,MT Proの独自取材記事,本邦最大の医学専門紙 Medical Tribune の全記事,その他のサービスを,すべて無料でご閲覧・ご利用いただけます。医師・医療関係者の方は,下記よりログインまたはご登録ください。


TOPページに戻る

前のページに戻る

このページの先頭に戻る