[2013年3月18日]

印刷用ページを表示する

ブックマークするこの記事をTwitterでつぶやく

治療抵抗性高血圧に対する新治療として注目の腎デナベーション

腎交感神経を高周波エネルギーで焼灼

日本循環器学会公認「第77回日本循環器学会学術集会News Flash」から

 治療抵抗性高血圧に対する新しい治療法として,カテーテルを用いて腎交感神経を高周波エネルギーで焼灼する腎デナベーションが注目されており,日本でも治験が始まっている。このことは同時に,交感神経系による血圧の制御について十分には明らかになっていないことも浮き彫りにした。第77回日本循環器学会学術集会(2月15~17日,横浜市)のTopic 1「Sympathetic Nervous System and Brain-cardio-renal Interaction: Lessons from Renal Denervation」では,交感神経と脳心腎連関をめぐる最近の知見を5氏が発表した。

…この続きを読むには,MT Proにログインまたはご登録ください

MT Proは医師・医療関係者さま向けの会員制ポータルサイトです。一度ご登録いただければ,MT Proの独自取材記事,本邦最大の医学専門紙 Medical Tribune の全記事,その他のサービスを,すべて無料でご閲覧・ご利用いただけます。医師・医療関係者の方は,下記よりログインまたはご登録ください。


TOPページに戻る

前のページに戻る

このページの先頭に戻る