[2013年9月12日(VOL.46 NO.37) p.14]

閉経後女性

n-3系脂肪酸の赤血球中濃度が大腿骨近位部骨折リスクと関連

〔米オハイオ州コロンバス〕オハイオ州立大学(OSU,コロンバス)のRebecca D. Jackson教授らは「閉経後女性ではn-3系脂肪酸の赤血球中濃度が高いと大腿骨近位部骨折リスクが低下する」とJournal of Bone and Mineral Research(2013; 28: 505-515)に発表した。同教授らは今回,n-3系脂肪酸に加えて,一般的に西洋風の食事に豊富に含まれるn-6系脂肪酸にも注目。その結果,n-6系脂肪酸/n-3系脂肪酸比が高いと大腿骨近位部骨折リスクが上昇することも明らかにした。

…この続きを読むには,MT Proにログインまたはご登録ください

MT Proは医師・医療関係者さま向けの会員制ポータルサイトです。一度ご登録いただければ,MT Proの独自取材記事,本邦最大の医学専門紙 Medical Tribune の全記事,その他のサービスを,すべて無料でご閲覧・ご利用いただけます。医師・医療関係者の方は,下記よりログインまたはご登録ください。


TOPページに戻る

前のページに戻る

このページの先頭に戻る