加齢黄斑変性,片眼発症で5割が僚眼も同等の重症度に

4,000例超を20年間追跡,米・Beaver Dam Eye Studyの解析結果(10/24)

 加齢黄斑変性(AMD)は両眼対称性の疾患であると考えられているが,片眼の発症・進行が他眼に先行することもある。米・University of WisconsinのRonald E. Gangnons氏らは,Beaver Dam Eye Studyのデータを解析し,片眼に発症したAMDの重症度が僚眼のAMDの発症,進行…(この記事を読む)

MTpro 新着ニュース記事

もっと読む

このページの先頭に戻る