大腸憩室のできる場所によって過敏性腸症候群のリスクは変わるのか?

左側型の多い欧米では検証できなかったテーマ(5/28)

 大腸憩室の位置と過敏性腸症候群(IBS)との関係についての興味深い報告をご紹介したい。これまで,大腸憩室の位置とIBSの関係を示した報告はもちろんなかった。ご存知のように,アジア諸国での大腸憩室は右側に多く,欧米諸国では左側が多い(欧米の憩室症患者では90%がS状結腸に憩室をもっており,たった15%だけが右側に持つ:…(この記事を読む)

このページの先頭に戻る