大阪の早期母子接触訴訟,高裁も棄却

経過観察の注意義務認めず(10/31)

 分娩台上での早期母子接触(STS)中に児の呼吸が停止し,重度脳障害が残ったとして,大阪府内の女児(3歳)と両親が病院を経営する医療法人に約2億6,638万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で,大阪高裁の森義之裁判長は10月31日,児側の請求を再び棄却した。STSにおける監視体制は2008年から2010年にかけて全国の病…(この記事を読む)

MTpro 新着ニュース記事

もっと読む

このページの先頭に戻る